エラ削りの手術を受けた時の体験談

エラのせいで暗い日々を送っていた

私は学生時代からエラが出ていることがコンプレックスで、常に下を向いて歩いていました。
そのせいか友人も満足に作れず、学生生活を楽しむ余裕もありませんでした。
社会人になってからもマスクをして外出することが多く、エラを隠す日々を送っていました。
そんな私を救ってくれたので、都内のクリニックで受けたエラ削りの手術です。
エラを削る手術は一見すると、とても大変で辛いのではというイメージがありますが、実際にはそのような心配は必要ありませんでした。
担当してくれた先生は非常に丁寧でわかりやすい説明をしてくださったので、この人にならお任せできると確信できました。
納得できるまで時間を掛けて質問が可能なので、不安をすべて取り除いてから手術が受けられました。
手術前には全身麻酔を行います。
その際、点滴をしたのですが、針が少し太いのでやや痛みがありました。
ただ、エラを削る際に痛みを感じないことを考えれば我慢できる範囲内です。
肝心の施術ですが、全身麻酔のおかげで寝ている間にすべてが完了していました。
先生によると2時間で終わったそうです。
起きてからしばらくはエラの辺りに鈍い痛みを感じましたが、座薬と痛み止めを服用したことで緩和しました。

エラのせいで暗い日々を送っていた / エラ削りの手術に救われた / これからは顔を上げて同道と歩ける

エラを削りたい / エラ削りを失敗しない名医の選び方を徹底解説